新年あけましておめでとうございます!
本日からひかり接骨院の平成29年度が始まります。
1からのスタートなので気の引き締まる思いです。
本年度もみなさまのお役に立てるよう日々努力を怠らぬよう努めていく所存です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

そして自分の年末年始ですがこのように過ごしました。
写真で振り返ろうと思います。

まずは大掃除ですね。

院内隅々まで行いました。

とてもきれいになりピカピカです!
きれいな院内は気持ちいいです!
これからも接骨院を大切にしていきます!

そして走り納めプラス勉強に運動公園へ。

ニューイヤー駅伝の選手たちの練習風景、ランニングフォームを見れてとても勉強になりました。

家では「餅つき」が行われています。

前橋育英サッカーもがんばっていますね。
昨日も勝ちベスト8!
すばらしい!!!

2回戦のPK戦はドキドキでしたね。
PKはどちらが勝ってもおかしくない。
嫌ですね、個人にかかる負担が大きくて。
ですが勝負ことですからしょうがない!
両校おつかれさま。

そして大みそかは紅白歌合戦。
X JAPANはゴジラを美声で倒しました。
ゴジラは「美声に弱い」ことを初めて知りました。
本当のことを言うと、このくだりはいりませんでしたよね(笑)
ゴジラが原子力で生まれたということをいろいろ考えると面白いです。

そして紅白で一番度肝を抜かれたのは勝敗が決まる時でした。
見ていた方はみんな度肝を抜かれたと思います。
「はい、紅組の勝ち!」
ん!?
国民の意見は反映しないシステム(笑)
紅白を見ていた方の頭の中は絶対

「?」
でしたよね(笑)
「ん?紅?」
いけてますNHK!
こういうハプニング好きです。

正月はやっぱりお雑煮と・・・

ニューイヤー駅伝!
1区の群馬出身選手がんばりました!
すごいすごい!!!

自分もゴールを応援に家族と行きました。

みなさんおつかれさま。

正月は賑やかでたのしいですね。

うちの息子も良い子良い子してもらいました。

そして東京からナイスガイが遊びに来てくれたり、

みんなでスキー場へ行ったりと楽しい正月でした。

そんな楽しい正月でした。
ありがとうございました!
正月レポートはここまでです。

最後に最近マラソンの障害やランナーズニー(腸脛靭帯炎)などの方が多く訪れます。
参考までにこちらをどうぞ
膝の痛みはスポーツ選手に限らずお任せください。
↓↓↓
↓↓↓

それでは本日もよろしくお願いいたします。
今年もよろしくお願いいたします。
日々の努力を怠らず日々精進してまいります。

そして

本日のご予約の空き情報

ですが、
埋まりましたので締め切らせていただいています
ありがとうございました。

また、キャンセルも出ることがありますので、

一度電話でお問い合わせください◎
急患の方は出来るだけ対応するように心がけています!

大変混みあっていますので、

ご予約はお早めにお願いできると助かります。
よろしくお願いいたします。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


























お問い合わせは






















※ホームページをご覧頂くと割引が受けられます。






















下のバナーから口コミを頂けるとありがたいです。





同じような痛みでお困りの方の励みになると思います!





よろしくお願いいたします!!!















↓  ↓  ↓



前橋のひかり接骨院では交通事故・むち打ち治療も行っています。

●来院患者さんの多い地域●

前橋市|高崎市|伊勢崎市|渋川市

富士見村|大胡町|玉村町|沼田市

●facebook公式アカウント●

クリック
↓↓↓





●twitter公式アカウント●
クリック
↓↓↓



ひかり接骨院Twitter公式ページ









●エキテン公式アカウント●
クリック
↓↓↓











▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

The following two tabs change content below.
群馬県前橋市のひかり接骨院院長の千木良です。「みなさまの人生が笑顔に変わるような施術」を心がけております。みなさまが笑顔になるためには「健康」が大切で、パーソナルトレーニングにより身体を動かすことも大切で、「ボディメイク」が重要と考えおります。みなさまの健康に貢献できるように、姿勢変化・骨盤矯正・整体・ダイエットのことを勉強し、予防を第一に考えたいと思います。できるだけ痛みがなく変化が出るような施術をしていきたいと考えております。また、「交通事故によるむち打ち施術」についても詳しいので何でもお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

最新記事 by 千木良 亮介 (全て見る)