おはようございます!

 

 

本日蒸し暑いです。

そんな今朝も朝ランしてきました。

本気見せています!

 

今朝は桃の木川で走っている

80歳のレジェンドに会い

しばし談笑していると、

いつも見かける速い人が通り過ぎました。

レジェンド曰く

「あの人はサブ3だよ。」

とのことでしたので

その方をすぐに追いかけて話しかけることに。

興味のある人には誰でも話しかける得意のスタイル。

そして友達になりました。(勝手に思っています)

その方の考えを色々聞かさせて頂きました。

「この時期はスピードトレーニングが重要だよ。」と教えてくれました。

トレーニング方法、大会の入り方などなど、とても勉強になりました。

ありがとうございます。

またお会いしましょう。

 

 

そんな感じで駒形インターまで走ってきました。

4分40秒~5分くらいのペースで、時計を見ずにゆっくりと。

結果、17km!!!

朝ラン史上一番距離を走ることが出来ました。

 

 

やはり大会でサブ3を狙い「くやしい!」と言えるためには、その分の練習や努力が必要ですからね。

ただただ「くやしい」って言っても努力していないと説得力がありませんからね・・・

努力あるのみです・・・

 

 

ん?

 

・・・

 

って・・・

 

待てよ・・・

 

くやしい?

 

サブ3達成ならず?

 

いかんいかん、

サブ3行けるイメージが持てていない!

本当に自信がありません(*^O^*)

おぉ、怖っ!

 

 

 

そして前橋市のひかり接骨院に来てくれる方からお借りした本を読みました。

こういったビジネス本を私はあまり読まないのですが、読んでみて初心を思い出しました。

 

なぜ私がひかり接骨院を始めたか。

そのことが蘇りました。

初診の方みなさまに「なるべく整形外科、接骨院、整体に通わないでください。」といつも言うのですが、この本を読んでそのことは間違っていないと改めて思いました。

こんなことを言う接骨院は他にはないと思います。

ただ、無責任ではなく全力でサポートしつつ、自分で治してもらいたい、そういう思いが強いのです。

 

 

もちろん捻挫や骨折、重症の症例やボディメイクに時間がかかりそうな方などで通院が必要な方にはしっかり通院するように話します。

ここで私がいつも考えていることは「この通院は本当に必要なのか?」と言うことです。

この「通院してください」はひかり接骨院に来てくれる方のためを本当に思って言ったことなのか?

それとも、ひかり接骨院の利益のために「通院してください」と言ったことなのか?

この差は大きいです。

ひかり接骨院の利益のために言ったと感じるようなことがあれば、初診の方はお金を払わず帰ってもらってかまいません。

いつもそのような気持ちで治療に当たっています。

最近では、接骨院業界もコンサルタントを入れて営業しているところも多いようです。初診の時に通院の話をしっかり行い納得してもらって通院してもらうのが主流になっているようです。ですが私は全く逆を行きます。そのためにひかり接骨院を開業したからです。私、カウンター系の人間ですので😉

 

・・・

 

最近の私の傾向として、こういうもっともらしいことを言った次の日には、ろくな事が待っていないので今日はここまで(*^O^*)

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

初心忘れるべからずですね。

ですが流れによって私も変化していこうとも思っています。

今後に期待していてください。

そんな今日は開業時に良く聞いていたこの曲はいかがでしょうか。

 

みなさま素敵な1日をお過ごしください。

 

 

 

ひかり接骨院

群馬県前橋市下沖町94

027-289-2032

(交通事故治療の方は一度ご連絡ください)

 

ひかり接骨院ホームページはこちらから

ひかり接骨院交通事故治療はこちらから

 

 

交通事故治療、むちうちもお任せください。

 

The following two tabs change content below.
群馬県前橋市のひかり接骨院院長の千木良です。「みなさまの人生が笑顔に変わるような施術」を心がけております。みなさまが笑顔になるためには「健康」が大切で、パーソナルトレーニングにより身体を動かすことも大切で、「ボディメイク」が重要と考えおります。みなさまの健康に貢献できるように、姿勢変化・骨盤矯正・整体・ダイエットのことを勉強し、予防を第一に考えたいと思います。できるだけ痛みがなく変化が出るような施術をしていきたいと考えております。また、「交通事故によるむち打ち施術」についても詳しいので何でもお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

最新記事 by 千木良 亮介 (全て見る)